会社概要・沿革

The Real Drugstore × Pharmacy


While maximizing the personality and skills possessed by you to Tsuruha, to protect the health of the region, there is a field that is able to continue to grow toward the dream.

社長挨拶




For Your Smile〜健康で豊かな生活を〜

お客様の生活に豊かさと余裕を提供するために、さらなる企業価値の向上を推進していきます。
高齢化社会が到来し、人びとの「いつまでも健康で美しくありたい」との願いは、より一層高まり、お客様のニーズも多様化しています。

ツルハは、お客様の健康と豊かな暮らしづくりを応援するため、「しんせつ第一」「信用第一」をモットーに、地域のみなさまに親しまれ、愛される店づくりを追求し成長してまいりました。健康を自己管理するセルフメディケーション意識の向上なども受け、服薬指導や健康アドバイスなどのカウンセリングを通じて、誰もが気軽に相談できる、身近なドラッグストア・調剤薬局への期待は、これまで以上に高まるものと思われます。

また、「2019年5月期2,000店舗」というナショナルチェーン構築を目指し、積極的に業務・資本提携やM&Aに取り組み、さらなる革新と収益基盤の拡大ならびに企業価値の向上を図ってまいります。
柔軟で大胆な発想と行動力を持つ多くの方が、私たちのもとに結集してくれることを願っています。

ツルハの取り組み


トータルヘルスケアステーションへ

地域貢献の一環として、知事の指定を受け、居宅介護支援事業として北海道から介護サービスを開始いたしました。さらに北海道内の全店舗に、介護に関する無料「介護相談窓口」を設置しています。 提携する医療機関や福祉施設などの協力を得て、専門的かつ総合的な情報提供を行うと共に、病院や施設の紹介も行うなど親身に丁寧なご案内を行っています。将来は、北海道・東北だけでなく、全国へと活動地域を広げていきます。 「ドラッグストア」「調剤薬局」に「介護サービス」が加わり、トータルヘルスケアステーションとしてお客様、患者様に頼りにされる存在をめざします。

お客様の身近な存在でいたいから

ドラッグストアとして重要なことは、お客様からの信頼を得て、安心してお買い物をしていただける環境を作ることです。そして同時にいつも近くにあって便利であること。そこで、ツルハが実施している戦略が「ドミナントエイリア」戦略です。 ドミナントエイリアとは、一定のエイリアに集中的に、店舗同士の商圏が隣接するように出店することを表します。こうすることで、出店地域のお客様にとって身近な存在になり、商品配送や広告費などのコストを低減し、商品価格を抑えることができます。お客様への利便性を実現すると同時にツルハにもメリットとなる重要な戦略です。

未来を創るのは「人財」という名の宝

ツルハの原動力はなんといっても人財です。元気と情熱に満ち溢れたマンパワーこそが、企業の未来を形づくるものと考え、ツルハでは社員教育や育児支援に重点を置いております。

【教育研修】

入社時研修に始まり階層別研修、職能別研修を通して職種ごとにスキルアップコースが設けられております。
薬剤師スタッフ用教育研修システム
一般社員スタッフ用教育研修システム

【育児支援】

長い人生の間に訪れる出産や育児。難しいといわれる仕事との両立に、ツルハは育児支援として「短期時間勤務制度」を実施しています。「短期時間勤務制度」とは、出産後、育児休業を終えて職場復帰した女性社員や、その夫が子育て時間を取れるよう勤務時間を通常よりも2時間短い、6時間にできる制度。子供が小学校3年生を終了するまで適用でき、仕事と子育ての両立をサポートする制度です。 この「短期時間勤務制度」などの育児支援が大きく評価され、2003年11月、ファミリー・フレンド企業表彰「北海道労働局長賞」を受賞しました。

会社概要


会社名 株式会社ツルハ
代表取締役社長 鶴羽 順
所在地 〒065-0024
北海道札幌市東区北24条東20丁目1番21号
設立 1975年(昭和50年)5月
資本金 42億5200万円
決算日 毎年5月15日
主な事業内容 ドラッグストア、調剤薬局チェーンの経営および介護事業
従業員数 正社員/3,789名(2017年5月現在)
問い合わせ先 011-783-1063(採用直通)

企業沿革


こちらではツルハホールディングスの企業沿革をご確認いただけます。

1929年5月 北海道旭川に鶴羽薬師堂創業
1956年8月 ツルハ薬局に屋号変更
1963年6月 北海道旭川市に(株)ツルハ薬局(現(株)ツルハホールディングス)を設立
1975年5月 (株)クスリのツルハコントロールセンター(現(株)ツルハ)を北海道旭川市に設立
1985年3月 店舗数50店舗となる
1987年6月 関東1号店(六郷店:東京都)開店
1989年7月 店舗数100店舗となる
1991年8月 クスリのツルハコントロールセンターから(株)ツルハに商号変更
本社を札幌市東区に移転
1993年2月 (株)ツルハ薬局を(株)クレーン商事(現(株)ツルハホールディングス)に商号変更
1995年1月 ジャスコ(株)(現イオン(株))と業務・資本提携契約を締結
10月 東北1号店(幸町店:秋田県)開店
1997年12月 (株)クスリのアオキと業務・資本提携契約を締結
1998年6月 日本証券業協会に株式を店頭登録
1999年4月 店舗数200店舗となる
2000年11月 (株)ドラッグトマト(岩手県)の全株式を取得し子会社化
2001年2月 東京証券取引所市場第二部に上場
11月 (株)リバース(神奈川県)を株式交換により子会社化
11月 店舗数300店舗となる
2002年5月 東京証券取引所市場第一部銘柄に指定
5月 グループ売上高1,000億円突破
6月 (株)ポテトカンパニー (山形県)の全株式を取得し子会社化
2003年5月 子会社(株)ドラッグトマトを吸収合併
10月 (株)くすりの寺田から5店舗の営業権を取得
2004年2月 (株)クレーン商事が札幌市東区に本店を移転
3月 子会社(株)ポテトカンパニーを吸収合併
4月 店舗数400店舗となる
2005年3月 (株)三光グループから8店舗の営業権を取得
8月 (株)クレーン商事を(株)ツルハホールディングスに商号変更
11月 株式交換により(株)ツルハを(株)ツルハホールディングスの完全子会社とする
11月 ツルハグループの持株会社として東京証券取引所市場第一部へ上場
2006年8月 店舗数500店舗となる
11月 (株)くすりの福太郎(千葉県)と業務・資本提携契約を締結
2007年3月 PB商品の企画・製造・販売促進を専門とする会社(株)ウイングを設立
4月 (株)信陽堂薬局(千葉県)から11店舗の事業を譲受け
5月 (株)くすりの福太郎(千葉県)を株式交換により子会社化
2008年4月 (株)ウイングの株式を取得し子会社化
5月 グループ売上高2,000億円突破
7月 (株)スパーク(愛知県)の株式を取得し子会社化
12月 (株)ツルハグループマーチャンダイジング設立
12月 (株)ツルハフィナンシャルサービス設立
2009年1月 店舗数800店舗となる
2月 (株)ウェルネス湖北(島根県)の株式を取得し子会社化
3月 (株)ツルハeコマース設立
6月 (株)仁天堂(神奈川県)の株式を取得し子会社化
8月 (株)サクラドラッグ(東京都)の株式を取得し子会社化
11月 (株)セベラル事業譲受
2010年4月 店舗数900店舗となる
6月 新業態店grouge1号店(グロージェ・泉大沢店:仙台市)開店
10月 タイ国・サハグループとの業務提携およびタイ駐在員事務所開設
2011年4月 (株)ウイングの株式を取得し子会社化
5月 (株)サクラドラッグを吸収合併
12月 タイ国におけるサハグループとの合弁会社設立
2012年4月 店舗数1,000店舗となる
7月 タイ国1号店(ゲートウェイ・エカマイ店)開店
2013年8月 (株)スパークを吸収合併
8月 (株)ウエダ薬局(和歌山県)の株式を取得し子会社化
10月 (株)かもめ(高知県)から15店舗の事業を譲受け
11月 (株)ウエダ薬局を吸収合併
12月 (株)ハーティウォンツ(広島県)の株式を取得し子会社化
2015年5月 (株)リバースを吸収合併
8月 (株)ウェルネス湖北(島根)と(株)ハーティウォンツ(広島)が合併し(株)ツルハグループドラッグ&ファーマシー(広島)を設立
10月 (株)レデイ薬局(愛媛)の株式を取得し子会社化
2017年9月 (株)杏林堂グループ・ホールディングス(静岡)の株式を取得し、同社および(株)杏林堂薬局(静岡)を子会社化
2017年10月 (株)くすりの福太郎が(株)ドラッグ・アーバン(東京)からドラッグストア・調剤薬局3店舗の事業を譲受け